赤:休診/青:半休

ホワイトニングとは、歯の表面に薬剤を添付して歯を白くする治療です。自分の歯を削ったり、抜いたりしないので、負担が比較的少ない治療といわれています。

ホワイトニングは1989年にアメリカで実用化された技術で、歯の表面に付着した色素を落とすのでなく、歯自体を白くしていく方法です。歯の表面を傷つけることなく歯の中にある色素を分解して歯の明るさを上げて白くしていくのです。

ホワイトニングに興味はあるんだけどちょっと抵抗があるという人もいるのではないでしょうか。「歯をいじるのが怖い」と思っていませんか? ホワイトニングは美容整形ではありません。歯を削って被せることは歯の美容整形といえるかもしれませんが、ホワイトニングは歯のケアのひとつでお肌の美白と一緒です。

大きく分けて3つの方法がありますのでご紹介いたします。

オフィスホワイトニング

歯科医院で漂泊用の溶液(35%程度の過酸化水素水)を歯に塗り、強い光(プラズマアークやレーザー)をあてて白くする方法です。
治療を受けた日にすぐ輝くような白い歯になります。

上下の前歯(16歯)43,200円
1本ごとに 3,240円


ホームホワイトニング

歯科医院で患者さんの歯型から専用のマウスピースを作り、自宅にて専用の溶液を用いて行います。
この方法ですと、夜寝ている時間を利用してマウスピースを口に装着し、約2週間続けることで自然な白い歯になります。

上下の前歯(16歯)32,400円


人工の歯について

オフィスホワイトニングやホームホワイトニングでは人工の歯とか、かぶせた歯を白くすることはできません。
ホワイトニングを行うことによって、詰め物などの色が気になる場合がありますが、白くなった歯の色に合わせて詰め直したりすることで自然な仕上がりにすることができます。