赤:休診/青:半休

入れ歯とは、失った歯を補うための対処として、歯が失われた部位に装着していただく取り外し式の人工の歯と歯茎や留め金などが一体となったもの(補綴装置)のことです。歯が1本だけ失われたときから、失われた歯の範囲が広い場合にまで対応しており、固定式のブリッジやインプラントが入れられないような場合にも使用することができます。対応範囲が広く、種類も豊富なのが魅力です。

部分義歯

口の中に歯が残っていますがブリッジを架けるには土台が足りません。こうした場合に使われます。
部分入れ歯では入れ歯が口の中で安定するために主にカギ状の維持装置「クラスプ」が利用されます。
入れ歯に加わる力を上手に受け止め噛み合わせを邪魔しないように作られています。

○クラスプ・バー付きアクリルデンチャー(保険の義歯)

金属製の「バネ」が付いたタイプの部分義歯です。
歯茎付近にこの金属製のバネで固定します。

価格:保険に準じます。

○ノンクラスプデンチャー・メタルバータイプ(保険外の義歯)

メタルバーの部分だけ保険のバーに近い価格までコストを抑えたエコタイプのデンチャーです。
保険デンチャーのクラスプが気になる方には最適です。

価格:21,600円(税込)+(クラスプの本数×31,500円(税込))

○ノンクラスプデンチャー・フレキシブルタイプ(保険外の義歯)

金属のバネ(クラスプ)を使わないタイプの部分義歯です。素材はポリエステル樹脂(ES)とナイロン系の樹脂(VP)から選べます。専用の入れ歯洗浄剤が必要です。

価格:162,000円(税込)

総義歯

口の中の歯が全く残っていない場合に使われます。
クラスプを使って歯を安定させることはできないため、上の歯は口の裏側に吸着させる方法が、また下の歯では頬の筋肉などを上手に使い入れ歯を安定させます。

金属床による総義歯の提供については保険外併用療養費の適用です
(料金の一部が保険から補填されます。)
ただし、保険外併用療養費の適用には条件がありますので、
詳しくは当院スタッフまでお問い合わせください。

○アクリルレジンタイプ(保険の義歯)

保険適用の総入れ歯は、プラスチックで制作するため、強度を持たせるために厚みなどで違和感を覚える場合がありますが、修理がしやすいといったメリットもあります。

価格:保険に準じます。

○軟性裏装義歯 シリコンタイプ(保険外の義歯)

生体用シリコーンの弾性が、入れ歯でグッと噛んだときの歯茎にかかる負担をやわらげ、シリコーン特有の吸着力を発揮します。
「痛い・噛めない・外れやすい」といった、従来の入れ歯の悩みを解消するとともに、歯茎にやさしい材料を使用しています。
※今お使いの入れ歯にも加工できます。
  ただし、入れ歯の材質によっては、加工できないものもあります。

価格:194,400円(税込)


○コバルトプレートデンチャー(保険外併用療養費の適用です)

中央部分をコバルトのメタルプレートにすることで、アクリルの1/3の厚さまで薄くすることができるので、しゃべりやすかったり、違和感が少なかったりします。
また、食べ物の熱さや冷たさを瞬時に感じることができ、アクリル床に比べ、より食事を楽しむことができます。

価格:216,000円(税込)

○チタンプレートデンチャー(保険外併用療養費の適用です)

コバルトのメタルプレート機能にプラスして、チタン特有の生体にやさしく、コバルトよりもさらに比重が軽く、薄くて丈夫な材質です。
生体にやさしいので、人工歯根(インプラント)にも使用されていることから、安心・安全です。

価格:302,400円(税込)